女性の法律相談ならアームズ法律事務所にご相談ください。夫婦関係・家族関係・女性問題でのトラブルやお悩みの女性のかたは、安心してご相談ください。

  arms logo  
menu underline
 
 
0120-316-961
 
content
業務内容
弁護士紹介
オフィスのご案内
よくある質問
お問い合わせ
 
よくある質問

夫婦関係・家族関係・男女関係などでお悩みならまずは、私たち弁護士にご相談ください。
以下は、女性が抱える悩みに関してのよくあるご質問とご回答をまとめました。
同様の問題などをお抱えの際は、ぜひご相談ください。

Q

インターネットや書籍で、財産分与や慰謝料について調べたのですが、実際に、離婚に際して、どのようにお金を請求していけば良いのですか。

  A

インターネットや書籍では、一般論は分かっても、具体的に、あなたご自身にそのまま当てはまるか否かは別です。
ご夫婦の婚姻経過、どのような収入・支出状況だったのか、お子様はいるか、専業主婦か否かなどの点を抜きに、給付額の算定はきません。また、請求の方法も、様々であり、ご主人の性格や職業、財産構成の中身により、話し合いで結論を出すべきか、弁護士から調停で請求させた方が良いかなどは、ご一緒に検討すべき問題です。

Q

私自身は、主人と離婚をしたいと考えているのですが、人に言わせると「ご主人も、まじめに働き、それなりに生活させてもらっているんだし、我慢した方が良いじゃない。」と言われます。こんな状況で、ご相談に行くのはどうなんでしょうか。

  A

どうぞ、お越し下さい。離婚自体を迷っているのであれば、気軽に、多くの離婚事例を扱った経験のある弁護士に話を聞いてもらうのは、大変、良いことだと思います。弁護士のところに行くと、一気に離婚の方向に向かってしまうのではないか、と思われる方もおられるようですが、そんなことはありません。じっくりお話を伺いますので、助言を参考にして、ご自身で、時間をかけてお考え頂きたいと思っています。

Q

会社の上司と交際しています。奥様も子供さんもいる方ですが、いずれは、離婚すると言っています。でも、私の立場は、法律的にはどのように守られるのでしょうか。

  A

一概には言えませんが、上司の婚姻関係の状況によって、あなたの置かれる立場は大きく異なります。場合によっては、何らの保護を受けられず、かえって、慰謝料を負担すべき立場にもなります。まずは、法律的な知識を身につけてください。その上で、ご自身の人生を選択して下さい。

Q

私の前の彼氏が、別れた後も、電話やメールでしつこく連絡を取ってきます。最近は、エスカレートして、突然、家の前にいたり、近辺をうろついているようです。怖いのですが、冷たくすると逆上しそうで、どうしたらよいのでしょうか。

  A

警察に行って良いのか、誰に相談すれば良いのか分からないという方、警察に行ったけれど相手にしてもらえなかったとおっしゃる方が多数おられます。ストーカー規制法での検挙ができない場合でも、民事仮処分の利用、男女関係解消の調停、あるいは、弁護士が示談交渉に当たることにより解決することもありますので、一人で悩んでいないでご相談下さい。

Q

離婚時に約束してもらった養育費をもらえていません。友人に聞くと、そんなのよくあることだと言われてしまいます。どうすればよいのですか。

  A

相手の資産や就業の有無、公正証書の作成があるか、調停調書・家事審判書があるのかなどにより状況が違いますが、勤務先を調べて給与差押をするなどの方法により、支払いを得られる場合もあります。簡単にあきらめないでください。

 
Copyright ARMS. All Rights Reserved.